腰痛の人の歩き方の特徴!

2018年06月12日

枚方市 光善寺駅前、はな鍼灸整骨院

スタッフの高田利久です。

 

今日は、腰痛の人の歩き方の特徴です。

今まで治療院で見てきた中でも特徴的な歩き方ですが、

ほとんどの方が上半身が動いていません。

下半身だけで歩いているんです。

 

えっ???

歩くって下半身だけじゃないんですか?

と思われた方もいるかもしれません。

 

そうじゃないんです。

上半身・・・特に体幹を使って歩けているかが腰痛にならない歩き方の秘訣なんです。

体幹を使えていると腕を肩甲骨の付け根からふるように歩けます。

そして、腸腰筋もしっかりと動くんですね。

歩幅が広く後ろ脚が伸びるように歩けるので

腸腰筋も伸ばされて縮むを繰り返すんです。

 

こうなることで、腰回りの筋肉も歩くだけでほぐれていくんですね。

 

下半身だけで歩くとは

膝を曲げてちょこちょこ歩いているような感じです。

上半身は固めて肩甲骨は動かさず下を向いて歩いています。

 

これは、体幹を使えていないので

背骨のぐらつきを押さえるために

 

肩や首周りを固めて歩くようになってしまいます。

ですから、よけいに上半身を使わなくなってしまうんです。

 

正しく歩くポイントは

姿勢よく、軽く腕を振っていつもより少し早めに歩くです。

まずは、これだけでも意識していきましょう!

一度にたくさんやろうとすると覚えきれません。

 

一度に1つのポイントを身に着けてから

次のステップに移りましょう!

 

それが上達の早道です。

 

枚方市 光善寺駅前、はな鍼灸整骨院

高田利久