腰痛は腰をゆるめる前に腸腰筋をゆるめる

2017年11月20日

腰痛は腰をもんでも治りません。

 

私も治療院に働き始めたばかりの頃は、

腰が悪い方には、一生懸命、腰をマッサージしていました。

患者様も「そこそこ、キクッ~!」と喜んでおられました。

 

でも、すぐにまた元に戻ってしまう。

マッサージの仕方が悪いんだと思い、

だんだん強いマッサージをするようになっていきました。

 

お客さんも強いマッサージに慣れてくると

弱いマッサージはもの足りなくなってくるものなんですね。

 

でも、このままでは腰痛を緩和することは出来ても

治すことはできない・・・

 

そこからいろいろ勉強していくなかで、

お尻の筋肉を緩めるようになったり、

筋肉が足りないからと運動を沢山おしえたり、

矯正の機器を購入したりと

思考錯誤を繰り返していました。

 

その中で効率よく改善する考え方が、大切だと思うようになりました。

 

姿勢の指導や治療方法を学ぶなかで、

身体にかかる重力の影響を最小限にする姿勢の大切さを再確認していました。

 

そして、

反り腰の方も、腰が丸くなっている方も

股関節を曲げる筋肉の腸腰筋が

硬くなっているか

弱っていることが

原因だと感じるようになりました。

 

この腸腰筋は椅子に座る姿勢や

車の運転で短縮した状態になります。

腸腰筋が短縮した状態を伸ばすためには、

真っ直ぐに立つだけでは伸ばされないのです。

 

この腸腰筋に対してアプローチし、

腸腰筋を正しく働かせるように刺激して、

腸腰筋が正しく働く立ち方、歩き方を指導することで

 

重度の腰痛も比較的早くに改善に導くことができるようになってきました。

 

身体の学びと、ほんの少しのひらめきを大切にして

更に、皆さんの健康に貢献できるように頑張ります!

 

枚方市 光善寺駅前 はな鍼灸整骨院

高田 利久