なぜ、猫背を治そうと背中を伸ばしても改善しないのか?

2017年11月17日

 

猫背は肩こりや頭痛につながります。

 

さらに老けて見えるし、

二重アゴの原因にもなります。

 

猫背を治そうと背中を伸ばして頑張ってみる。

 

マッサージや整体をうけて

その時は伸ばしやすいけど、

すぐに戻ってしまう。

 

姿勢を正そうと頑張ってみるのだけれど、

その頑張り方を間違うと

しんどいだけで効果がでません。

 

なぜ、猫背の姿勢を改善するべきなのか?

現代人は肩や首に負担をかけすぎています。

スマホを見たり、パソコンを長時間使ったりして、

常に首に負担をかけているのです。

 

首は頭と身体の架け橋です。

首にとおっている物は、

脊髄神経、血管、リンパ、食道、気管です。

 

生命を維持するための大切なものが沢山とおっています。

首の上半分はほとんど脳と同じだと

思っていただいてもいいかもしれません。

 

そんな首に負担のかかる猫背は

見た目の問題だけでなく、

健康への影響も大きいのは言うまでもありません。

 

ここで問題になるのが、猫背の治し方ですが、

肩甲骨、背骨、骨盤が

連動して動いているということを理解していれば、

どこからアプローチすればよいかが分かります。

 

骨盤が後傾(うしろに丸くなる)すると背骨は丸くなります。

そして、背骨が丸くなると、肩甲骨は外に広がります。

骨盤後傾→背骨後湾→肩甲骨外転

 

逆に、骨盤が前傾(そり腰の状態)になると、

背骨はそった状態に、肩甲骨は背骨によってきます。

骨盤前傾→背骨前湾→肩甲骨内転

 

つまり、背中が丸くなる猫背の姿勢は

骨盤の位置が関係しているのです。

 

背骨が理想的なS字のカーブを描く、

骨盤の位置を整えることが大切なのです。

 

ですから、猫背を治そうと背中を真っ直ぐするのではなく、

美姿勢習慣マネジメントで教えている。

踵重心→おしり→下腹→内ももを意識する立ちかたを

普段から意識して行えば、猫背も無理なく整うというわけです。

 

まちがった方法で自分の猫背は治らないとあきらめないでくださいね。

 

枚方市 光善寺駅前 はな鍼灸整骨院

高田 利久