体重・血圧・コレステロール平均に合わせようとするとおかしくなる

2018年02月24日

枚方市 光善寺駅前、はな鍼灸整骨院

スタッフの高田利久です。

 

みなさん何でも平均が好きですよね!

平均にいてるから安心と油断しないでください。

これは危険な考え方です。

 

なぜこんなことを言うのか?

 

ダイエットは何キロ痩せたで喜んでしまいます。

女性で言うと48キロが理想の体重なんて考えています。

 

でも、これっておかしなことなんです。

身長も違うし、筋肉量や体脂肪率も違うので、

48キロが必ずしも綺麗に見えるとは限りません。

 

これが個人差というものです。

 

血圧にしても、低い人もいれば高い人もいます。

140以上が高血圧と言われていますが、

年齢やその方の状態によって様々です。

 

病歴がなく、タバコも吸わないなら少々血圧が高いぐらいなら

生活習慣を見直していきましょう。

 

運動不足が原因かもしれません。

食事の内容が合わないのかもしれません。

 

平均は極端に数値が高い人や低い人がいれば

変動するものです。

 

大切なことは

平均や数値よりもあなたの実際の健康状態です。

 

体重で言えば、

体重で考えるよりも、絶対に見た目です。

痩せていてもやつれていれば老けて見えるだけです。

 

血圧もなぜ高くなっているのか考えないといけません。

肩が凝ったり運動不足で筋肉が硬くなっていると

末梢まで血液を送るために心臓さんががんばって血液を送ろうとしてくれます。

特に血液が必要なところは脳ですね。

 

脳にいく血流が足りなくて血圧を上げている場合に

薬で無理に血圧を下げるとどうなるでしょうか?

 

体のシステム全体を見るとなぜこの問題が起こっているのかわかるようになってきます。

 

ここで気をつけて欲しい事は

食習慣や運動習慣、睡眠習慣の改善を行わないで

急に飲んでいる薬を止めない事です。

 

平均よりも自分の感覚を大切にしてくださいね。

自分の感覚を磨くには自分の身体にあったライフスタイルを送ることが一番です。

 

枚方市 光善寺駅前、はな鍼灸整骨院

高田 利久