ぎっくり腰になるお客様が増えています。

2018年01月22日

ぎっくり腰のお客様が増えています。

ここ最近、寒暖の差がはげしくなってきているので腰痛持ちの人には要注意です。

 

当院でぎっくり腰が増える時期があります。

  1. 春先や秋口の季節の変わり目
  2. 年末の大掃除
  3. 年末年始で飲み過ぎ、食べ過ぎた後の1~2週間後
  4. 寒波が到来した時

気温の変化が激しい時にぎっくり腰が多い傾向があります。

気温の急激な変化に体がついていかないのでしょう。

 

ぎっくり腰は突然起こりますが、その原因はもっと前から起きています。

筋肉が披露してパンパンにはっている状態が続いていたはずです。

 

 

実は私も3年前まではぎっくり腰を繰り返していました。(笑)

 

私のぎっくり腰のパターンはいつも決まっていました。

年末年始に家でゴロゴロしていつもより多めに食べて体重が2~3㎏増えていました。

 

その後、仕事をすること2~3週間後に治療中に痛みが走り、

ぎっくり腰で2~3日動けない状態が続くのです。

その時も、お客様に悟られないように治療は続けていたのですが、、、

まったく前にかがめない状態で治療をしていました。

 

知り合いの先生に来てもらって治療をしてもらい

なんとか回復させるなさけない状態でした。

 

姿勢を意識しだしてからは腰痛はほぼ無くなりました。

そんな私も、治療をしてもらっている間は良かったのですが、

治療をやめてしばらくすると再発してしまう。

もしくは、腰に違和感を感じる。

これではダメだと感じていた時に出会ったのが姿勢を整えることでした。

 

治療家の私でも意識して姿勢を治すことは困難でした。

しかし、本当の姿勢の治し方を学んでからは腰痛が一度も起きていないのです。

 

一番良いのは、治療院で体のゆがみを整えてもらい

その後、意識して姿勢を自分で整えることが一番効率が良いやり方だと思います。

 

でも、まず意識してほしいことは「自らの力」をまず使おうとすること。

これがあって初めて、医療や整体が本当の効果を発揮し最大限のサポートが得られるのだと思います。

 

枚方市 光善寺駅前 はな鍼灸整骨院

高田利久